iPhoneの指紋認証や顏認証のような人の個性を捉える個人認証モダリティの開発とバイオメトリクス技術を研究しています.

バイオメトリクス研究室

メールアドレス
オフィスアワー:火曜16:00~17:00
前へ
次へ

新着情報

2019-07-12
特許査定されました。特許第6551877号(2019.7.12)特願2015-018836 (2015.2.2) 佐藤公則,大塚作一「携帯端末装置及びその認証処理方法」
2019-07-01
2019-06-11付で、特願2015-018836 (2015.2.2) 佐藤公則,大塚作一「携帯端末装置及びその認証処理方法」が特許査定されました。
2019-05-28
特許査定されました。特許第6516467号(2019.4.26) 佐藤公則,渡邊睦,鹿嶋雅之,畠中一成「認証処理装置及び認証処理方法,認証情報登録装置及び認証情報登録方法」(特願2014-257756)
2019-04-12
2019.4.12 「映像修復システム、映像修復方法及びプログラム」 特願2019-076358、特許を出願しました。
2019-04-11
2019.4.11 「認証システム、認証方法及びプログラム」 特願2019-075828、特許を出願しました。
過去のTopicsはこちらから

研究内容抜粋

  • 特定指による空中PINコード入力システム

    本システムでは,照明条件に頑健な距離センサ(Leap Motion)を用い, ユーザの眼前にVTP(Virtual Touch Panel)を生成します.ユーザは,VTP上で特定指にてエアクリックを行うことでPINコード の入力を行います.評価実験の結果として,実時間の覗き見によるPINコード情報を特定する攻撃(ハッキング)に対して 他人PINコード認識率は共に0%という結果を得ました.

  • 指識別情報を用いたフレキシブル空中署名個人認証システム

    照明条件に頑健な距離センサから取得した署名の座標情報,速度情報,筆記時間, 指識別情報をそれぞれ比較するシステムです.本システムは,空中筆記時にフレキシブルに指を変え, 空中署名認証を行う装置です.本人認証実験と他人偽筆実験において,指識別情報を用いたフレキシブル署名の場合は EER=2.67%となり,フレキシブル空中署名個人認証の有効性を確認できています.

  • リップシンク個人認証システム

    いわゆる口パク認証です.本研究では,口唇の動き特徴に基づいた リップシンク個人認証システムを提案しています .口部の画像情報から取得する生体特徴として, 2組の特徴点間の距離に係る2つの口唇特徴量と,4つの角度の口唇特徴 量の合計6つの 口唇特徴量の時系列データを用います.取得した時系列データを1次元 DPマッチングに基づき比較し, これにより算出された 6つの距離を統合したスコアで個人を識別します.

  • 握拳画像に基づいた個人認証システム

    本システムでは,ドアノブをスマート化し,物理的な鍵の代替として, 人間が行う自然な行為=ドアノブへの把持行為の中で,開錠が可能となる握掌画像に基づいた個人認証システムを 開発しました.本研究では,握掌画像というド アノブへの把持行為により見える掌紋・指のしわの画像を用い,個人識別を行なっています.

  • 手の形状を利用した非接触型セキュリティキー入力システム

    本システムでは,4桁数字の暗証番号の替わりに、4つの手の形状を自分の セキュリティキーとするものです。非接触でPINを入力でき、なおかつ、暗箱内でサインを提示するため、 盗撮もされないものです。例えば、セキュリティキーをグー チョキ パー グーと手の形状を替えることでシステムに 送信できます。

  • 歯並び画像解析に基づいた個人識別システム

    本システムでは歯並び画像解析に基づいた個人識別システムを提案しています。CCDカメラで歯並びを撮影し, 歯並びの大局的特徴と局所的特徴の両方を利用して個人認証を行うシステムです.実験結果から,歯並び画像解析に基づいた個人識別の有効性を 示すことができました。

»もっと見る

研究室メンバー

関連リンク

ページのトップへ戻る