浦瀬研究室

浦瀬太郎,著書・報道発表,出演情報

● 著書(単著・主著)

著書

浦瀬太郎,明解水質環境学,プレアデス出版(2011) ISBN 978-4-903814-41-4

・水質,水処理,上下水道などが1冊で学べる。
・新書的読み易さと教科書の網羅性が両立。

 → 「明解水質環境学」のご案内(外部サーバー)

 → 誤字などの修正(外部サーバー)

新・東海道 水の旅,岩波書店(2015),岩波ジュニア新書806,新書版,213頁,ISBN: 978-4-00-500806-3,05月20日発売

本書からの入試問題の出題:2016年実施の武庫川女子大学付属中学校(国語), 2017年関東学院六浦中学校(国語),そのほか,多くの模擬試験・問題集にも登場!

 → 出版社のサイト(外部サーバー)

浦瀬太郎,公害防止管理者[水質関係]完全合格教本,新星出版社(2012),A5判2色刷,318頁,ISBN: 978-4-405-04759-4,2012年2月8日発売
 → 出版社のサイト(外部サーバー)

同上 改訂2版,ISBN: 978-4-405-04828-7, 2014年1月25日発売
 → 出版社のサイト(外部サーバー)

● 報道発表

塩素系薬剤で水辺カビ臭,毎日新聞2014年10月16日夕刊12面.

都市河川に薬剤耐性菌,毎日新聞,2013年9月11日夕刊8面.

多摩川に薬剤耐性菌,読売新聞多摩版,2013年9月23日朝刊31面.

● メディア出演

日本テレビ『ZIP!』(豊洲新市場地下水問題) (2016年9月16日(金), 2017年1月16日(月), 同年3月6日(月)放送)

J:COM東京多摩地区『都市河川・湖沼の抗生物質汚染の拡大と耐性菌の出現』(2016年12月7日(土)22:30放送),中央大学「知の回廊」よりネット公開

JSTサイエンスニュース「薬が効かない!多剤耐性菌のナゾに迫る」, ミラーサイト

同上,英語版,Drugs don't work: Exploring the mystery of multidrug-resistant bacteria

『夢夢エンジン』TBSラジオ(2015年8月1日放送)

● 著書(共著, 分担執筆)

環境大事典(吉田邦夫 監修), 工業調査会(1998). 執筆部分: 第7章廃棄物.

土木技術者の倫理・事例分析を中心として, 土木教育委員会倫理教育小委員会編(2003), 土木学会/丸善, ISBN 4-8106-0449-7.

Environmental Biotechnology: Advancement in water and wastewater application in the tropics (Editor: Z. Ujang), Water and Environmental Management Series (2004), IWA ISBN 1 84339 503 7. 執筆部分:T. Urase and T. Kikuta: Reaction kinetics of degradation of natural hormones in activated sludge process, pp27-34.

造水技術ハンドブック2004, 造水技術ハンドブック編集委員会編(2004), (財)造水促進センター. 執筆部分:第1章 在来型水処理(担当 p3-13).

技術は人なりープロフェッショナルと技術者倫理, 土木教育委員会倫理教育小委員会編(2005), 土木学会/丸善, ISBN 4-8106-0530-2.

炭の製造と利用技術-多孔質炭素の拡がる用途(2009/6),(株)エヌ・ティー・エス,東京, ISBN978-4-86043-163-1. 執筆部分:活性炭による医薬品類の吸着技術,第3章活性炭の利用技術,第1節浄水・排水への利用技術,p47-55.

MBR(膜分離活性汚泥法)による水活用技術(監修:山本和夫, 2010/2), ISBN978-4-903413-80-8, サイエンス&テクノロジー株式会社, 東京. 執筆部分:第3章,第8節,MBRによる微量化学物質・医薬品の除去, p123-135.

水処理膜の製膜技術と材料評価, p175-186, ISBN978-4-86428-034-1, サイエンス&テクノロジー株式会社, 東京, 2012/1. 執筆部分:第4章,第1節,膜プロセスによる化学物質や微生物除去についての考え方, p175-186.

環境バイオテクノロジー(軽部征夫ら著),日刊工業新聞社,(2012年2月),ISBN 978-4-526-06850-8. 執筆部分:第3章 水環境の保全, p63-90.

濾過スケールアップの正しい進め方と成功事例集,技術情報協会 (2014年8月,全p531), ISBN 978-4-86104-537-0. 執筆部分:第1章 3節,排水処理における膜濾過に求められる理想的な性能要件,p13〜18.

● 紀要・雑文(研究論文 以外のもの)

松尾友矩, 荒巻俊也, 杉本留三, 佐藤弘泰, 浦瀬太郎, 花木啓祐(1997): 下水の有効利用に関する基礎調査-アンケト調査による雑用水利用施設の現状分析, 東京大学工学部総合試験所年報, 56, 55-60.

K. Yamamoto, T. Urase(1997): Membrane Potential, Water Quality International, Jan./Feb. 1997, 33-34.

浦瀬太郎(1998): 浸出水からみたプラスチック廃棄物の適正処理, 環境安全(東京大学環境安全研究センター), 79, 4-5.

浦瀬太郎(1999): 第2回高度下水処理と下水の再利用に関する国際会議(ミラノ, イタリア)に参加して, 造水技術, 25, 1, 30-33.

T. Urase, K. Kominami, M. Yokoyama, K. Yamamoto(1998): Quantification of environmental loading originating from academic activities, Proc. of 4th Asian Symposium on Academic Activities for Waste Management, Seoul, 19-26.

T. Urase(1999): Management of potential risks in water environment - case studies on landfill leachate and antibiotic resistant bacteria, Quantitative microbiology and risk assesment, Proc. of COE workshop, dept. of Urban Eng., Univ. of Tokyo, 113-120.

浦瀬太郎(2000): 環境分野における研究成果の流通, 東工大土木工学科研究報告, 61, 27-32.

T. Urase (2000): Fate of organic and inorganic pollutants in treatment processes of landfill leachates, 3rd regional symposium on infrastructure development in civil engineering, Tokyo Institute of Technology, 245-252.

浦瀬太郎(2001): 国家公務員T種採用試験の最近の傾向と学科の取り組みの意義について, 東工大土木工学科研究報告, 64, 141-150.

浦瀬太郎(2002): 下水の再生・再利用のための膜分離技術に関する国際会議(イスラエル), 造水技術, 27, 4, 33-36.

浦瀬太郎(2002): ナノろ過プロセスを用いた水処理, 化学装置, 44, 2, 73-78.

浦瀬太郎(2002): ナノろ過プロセスを用いた水処理, 化学・環境設備(韓国語版), 2002年8月号, 46-50.

浦瀬太郎(2002): 国家公務員採用T種試験1次試験の傾向, 東工大土木工学科研究報告, 66, 111-118.

浦瀬太郎(2002): 2002年11月1日オープン予定沖縄美ら海水族館の水処理, 造水技術, 28, 3, 32-37.

浦瀬太郎(2003): 国際会議Membranes in drinking and industrial water productionに見る膜分離技術の動向, 造水技術, 28, 4, 6-12.

浦瀬太郎(2003): 東京工業大学建設系学科での化学物質管理, 環境安全(東京大学環境安全研究センター), 99, 23.

浦瀬太郎(2003): 環境・水処理技術理解のための数学的手法I - 常微分方程式, 造水技術, 29, 4, 22-27.

浦瀬太郎(2004): 環境・水処理技術理解のための数学的手法II - 編微分方程式, 造水技術, 30, 1, 15-18.

浦瀬太郎(2004): 5th International Membrane Science and Technology conferenceに参加して, 造水技術, 30, 1, 2-4.

浦瀬太郎(2004): 環境・水処理技術理解のための数学的手法III - 確率統計, 造水技術, 30, 2, 19-23.

浦瀬太郎(2004): 土壌汚染および廃棄物にかかわる土木技術者の倫理, 土木学会誌, 89, 9, 69-70.

浦瀬太郎(2005): 土木工学科の動き,東工大土木系専攻・学科だより,平成17年12月, 3-6.

浦瀬太郎(2006): 化学物質の都市域での挙動と水処理プロセスでの除去性, 水, 48, 8(7月号), 14-19.

浦瀬太郎(2006): 技術者倫理の定着と限界―大学アンケートを踏まえて, 土木学会誌, 91, 12, 40-43.

内藤了二,中村由行,浦瀬太郎 (2008): 港湾域の底泥中化学物質濃度と底生生物叢の関係,港湾空港技術研究所資料, 1174.(ISSN 1346-7840)

浦瀬太郎(2011): 環境工学研究フォラーム参加記,水と水技術,No 8, オーム社(Ohm Mook 81),pp. 74-75.

浦瀬太郎(2011): 資格試験の出題範囲と元ネタ,水と水技術,No 9, オーム社(Ohm Mook 82),pp. 74-75.

浦瀬太郎(2011): 単位の統一は科学や技術の基本,水と水技術,No 10, オーム社(Ohm Mook 83),pp. 74-75.

浦瀬太郎(2011): 廃水処理の必要性,水と水技術,No 11, オーム社(Ohm Mook 84),pp. 74-75.

浦瀬太郎(2011): 下水処理水に特有の臭気,水と水技術,No 12, オーム社(Ohm Mook 85),pp. 66-67.

浦瀬太郎(2011): 水に関する大学教員の生態,水と水技術,No 13, オーム社(Ohm Mook 86),pp. 66-67.

浦瀬太郎(2012): 水に関わる知の習得,水と水技術,No 14, オーム社(Ohm Mook 87),pp. 66-67.

浦瀬太郎(2012): 遭難救助と長期契約,水と水技術,No 15, オーム社(Ohm Mook 88),pp. 66-67.

浦瀬太郎(2012): 水コンサルの地位向上,水と水技術,No 16, オーム社(Ohm Mook 89),pp. 66-67.

浦瀬太郎(2012): 専門って何だろう,水と水技術,No 17, オーム社(Ohm Mook 90),pp. 66-67.

浦瀬太郎(2012): 温泉と水環境,水と水技術,No 18, オーム社(Ohm Mook 91),pp. 58-59.

浦瀬太郎(2012): ここ25年の水環境の常識の変化,水と水技術,No 19, オーム社(Ohm Mook 92),pp. 58-59.

浦瀬太郎(2014): 膜分離による水処理の研究に関する雑感,膜協会ジャーナル(膜分離技術振興協会),21, 1, 9-13.

浦瀬太郎(2015): 編集査読部会企画・研究論文書き方セミナー報告,水環境学会誌,38(A), 6, 213-214.

浦瀬太郎(2015): 水環境に関する学術論文の書き方,水環境学会誌,38(A), (11), 396-401.

浦瀬太郎(2016): 今月の話題-水分野における世代間格差の是正を,用水と廃水,58(3), pp153.

浦瀬太郎(2016): 下水処理水中の微量化学物質に関連した水質リスクへの対応,月刊下水道,39(8), pp11-15.

浦瀬太郎(2017): 下水処理水のにおいの特徴とその生成原因,水環境学会誌,40(A), (2), 54-57