浦瀬研究室

浦瀬太郎,学会発表など

● 学会発表など

(1) 浦瀬太郎, 山本和夫 (1990): 平膜クロスフロー濾過へのゲル層モデルの適用, 土木学会年次学術講演会, 45, II, 新潟.

(2) 浦瀬太郎, 山本和夫, 大垣眞一郎 (1991):大腸菌ファージQβの膜透過性におよぼす膜面付着ゲル層の影響, 水質汚濁学会, 25, pp82-83,仙台.

(3) 浦瀬太郎, 山本和夫, 大垣眞一郎 (1991):活性汚泥の膜分離における大腸菌ファージの排除率に影響を与える因子,土木学会年次学術講演会, 46, II, pp386-387, 大阪.

(4) 山本和夫, Wong Yien Kiat, Chart Chiemchaisri, 浦瀬太郎 (1991): 中空糸精密濾過膜を利用した浄化槽における膜分離部の改良と窒素除去, 土木学会年次学術講演会, 46, II, pp378-379, 大阪.

(5) Chart Chiemchaisri, Taro Urase, Kazuo Yamamoto (1992): Bacterial flora in intermittent aerating membrane bioreactor, 衛生工学討論会講演集, 仙台.

(6) 浦瀬太郎, 山本和夫, 大垣眞一郎(1992): クロスフロー膜分離プロセスにおける膜面の物質輸送メカニズムについて,水環境学会年会講演集, 26, 142-143, 東京.

(7) Chart Chiemchaisri, Wong Yen Kiat, Taro Urase, Kazuo Yamamoto (1992): Effect of DO on nitrogen removal in membrane separation bioreactor, 水環境学会年会講演集, 144-145, 東京.

(8) 浦瀬太郎, 山本和夫, 大垣眞一郎(1992): 限外ろ過膜のウイルス透過率に関する数値シュミレーション, 土木学会年次学術講演会, 47, II, 836-837, 仙台.

(9) 浦瀬太郎, 山本和夫, 大垣眞一郎(1993): 水処理用分離膜の細孔径分布の測定とウイルス阻止率, 水環境学会年会講演集, 27, 232-233, 静岡.

(10)T.Urase, K.Yamamoto, S.Ohgaki (1993): Rejection mechanism of coliphage Qβ in membrane separation process, World Filtration Congress, 6, 715-718, Nagoya.

(11)浦瀬太郎, 山本和夫, 大垣眞一郎(1994): 溶質阻止性とウイルス阻止性から見た限外ろ過膜の評価, 水環境学会年会講演集, 28, 338-339, 宇都宮.

(12)C. Ratanatamskul, T.Urase, K.Yamamoto, S.Ohgaki, N.Kamiko (1994): Rejection of anions by LPRO membranes under very low pressures as tertiary treatment for wastewater reclamation, 土木学会年次学術講演会, 49, II-B, 1054-1055.

(13)浦瀬太郎, 山本和夫, 大垣眞一郎, 神子直之, 中尾真一(1995): 制御された細孔構造を持つ精密ろ過膜によるウイルスの除去, 水環境学会年会講演集, 29, 267-268, 広島.

(14)浦瀬太郎, 山本和夫(1995): 水処理でのウイルス阻止性からみた膜・膜モジュールの評価, 日本膜学会年会, 17, 54, 東京.

(15)C. Ratanatamskul, K.Yamamoto, T. Urase(1995): Rejection of anionic pollutants by nanofiltration under very low pressure operation as tertiary tratment for wastewater reclamation, Thailand - Japan Joint conference & Exhibition Solid - Fluid separation technology, 42 - 47, Bankok.

(16)高橋克夫, 大垣眞一郎, 藤田賢二, 神子直之, 浦瀬太郎(1995): 大きさの異なる2つのファージを用いた精密ろ過膜の除去特性の評価, 土木学会年次講演会講演集, 50, 2B, 1078-1079.

(17)浦瀬太郎, C. Ratanatamskul, 山本和夫(1995): 超低圧ナノ濾過法の開発とその溶質阻止特性, 環境科学講演要旨集, 170-171.

(18)山田和哉, 浦瀬太郎, 松尾友矩, 鈴木規之(1996):廃棄物処分場浸出水中の微量有機成分の分析と評価, 土木学会年次学術講演会, 51, VII, 548-549.

(19)Salequzzaman, 浦瀬, 松尾, 鈴木(1996):Assesment of heavy metal contamination of landfill leachates, 土木学会年次学術講演会, 51, VII, 550-551.

(20)江川健, 浦瀬太郎, 山本和夫(1996): ナノろ過膜による高濃度廃水の処理時における有機物と窒素の阻止特性, 土木学会年次学術講演会, 51, VII, 180-181.

(21)浦瀬太郎, 山本和夫, 森本直子(1996): 低圧ナノろ過法による地下水溶存物質の除去性能評価, 土木学会年次学術講演会, 51, VII, 182-183.

(22)浦瀬太郎, 山田和哉, Salequzzaman, 松尾友矩, 鈴木規之, 山本和夫(1996): 廃棄物処・ェ場浸出水中に含まれる有害物質の調査, 廃棄物学会研究発表講演集, 7, II, 778-781.

(23)浦瀬太郎, 江川健, 山本和夫(1996):廃棄物処分場浸出水中の微量汚染物質のナノろ過プロセスでの挙動, 環境工学研究フォーラム講演集, 45-47.

(24) 高橋克夫, 大垣眞一郎, 藤田賢二, 神子直之, 浦瀬太郎(1996): 中空糸精密ろ過膜の人為的破断による大腸菌及び大腸菌ファージの流出, 全国水道研究発表会, 47, 232-233.

(25)G. Herath, K. Yamamoto, T. Urase (1997): Rejection characteristics of microbial particles in membrane filtration with different solution environmeant, Annual meeting of Japan society on water environment, 31, 153.

(26)江川健, 浦瀬太郎, 山本和夫(1997): 芳香族のナノろ過膜阻止特性への置換基の影響, 水環境学会年会講演集, 31, 155.

(27)鈴木規之, 安田正志, 浦瀬太郎, 松尾友矩(1997): 廃棄物浸出水中および環境水中有害元素の化学形態, 水環境学会年会講演集, 31, 99.

(28)山田和哉, 浦瀬太郎, 松尾友矩(1997): 廃棄物処分場浸出水の消毒副生成物生成能に関する調査報告, 土木学会年次講演会, 52, VII, 578-579.

(29)呉 政益, 浦瀬太郎, 山本和夫(1997): ナノろ過法による廃棄物処分場浸出水の処理における重金属の挙動, 廃棄物学会研究発表講演集, 8, II, 775-777.

(30)岩根泰蔵, 浦瀬太郎, 山本和夫(1997): 多摩川水系における抗生物質耐性菌の分布, 土木学会環境フォーラム講演集, 34, 76-78.

(31)山田和哉, 浦瀬太郎, 松尾友矩(1997): 廃棄物処分場浸出水から検出される有機成分の物理的性質に関する考察, 土木学会環境フォーラム講演集, 34, 118-120.

(32)浦瀬太郎, 山本和夫(1997): 吸引型浸漬ナノろ過法の地下水処理への適用可能性, 土木学会環境フォーラム講演集, 34, 141-143.

(33)鈴木規之, 安田正志, 浦瀬太郎, 松尾友矩(1998): IC-ICP/MSによる廃棄物処分場浸出水および環境水中の有害元素の化学形態別分析, 水環境学会年会講演集, 32, 125.

(34)浦瀬太郎, 呉 政益, 山本和夫(1998): ICP/MSを用いた廃棄物処分場浸出水の元素分析, 水環境学会年会講演集, 32, 126.

(35)浦瀬太郎, 江川健, 山本和夫(1998): ナノろ過膜の有機溶質阻止性能の決定因子, 土木学会年次講演会, 53, VII, 198-199.(優秀講演者受賞)

(36)浦瀬太郎, 山田和哉, 松尾友矩(1998): 廃棄物処分場浸出水中に見いだされる内分泌撹乱物質, 廃棄物学会研究発表会講演概要集, 9, 830.

(37)布浦鉄兵, 松村幸彦, 浦瀬太郎, 山本和夫(1998): 超臨界水酸化反応における炭素添加効果, 化学工学会秋季大会, 31, 1, 348.

(38)布浦鉄兵, 浦瀬太郎, 松村幸彦, 山本和夫(1998): フェノールの超臨界水酸化法による処理時の中間生成物の検討, 土木学会環境フォーラム講演集, 35, 53-55.

(39)岩根泰蔵, 浦瀬太郎, 山本和夫(1998): 下水中および河川水中の大腸菌における抗生物質耐性の分布, 土木学会環境フォーラム講演集, 35, 144-146.

(40)岩根泰蔵, 浦瀬太郎, 山本和夫(1999): 多摩川河川水中の大腸菌に見られる抗生物質耐性のキャラクタリゼーション, 水環境学会年会講演集, 33, 86.

(41)布浦鉄兵, 松村幸彦, 浦瀬太郎, 山本和夫(1999): 超臨界水酸化処理におけるダイオキシン様物質生成の抑制, 水環境学会年会講演集, 33, 155.

(42)呉 政益, 浦瀬太郎, 山本和夫(1999): ナノろ過膜での各形態別ヒ素の阻止に及ぼす膜材質および溶液環境の影響, 水環境学会年会講演集, 33, 346.

(43)浦瀬太郎, 山本和夫, 岩根泰蔵(1999): 多摩川を例とした抗生物質耐性と河川の人為汚染指標の比較, 土木学会年次講演会, 54, VII, 102-103.

(44)M. Thanuttamavong, T. Urase, K. Yamamoto(1999): A study on nanofiltration pilot plant of surface water for drinking water production, Proc. of IAWQ International Specialized Conference on Membrane Technology in Environmental Management, Tokyo, 448-451.

(45)島崎 大, 浦瀬太郎, 山本和夫(1999): 廃棄物埋立処分場浸出水に含まれるDNA損傷性のコメットアッセイによる検出, 廃棄物学会研究発表講演集, 10, II, 925-927.

(46)李 根喜, 浦瀬太郎, 山本和夫(1999): 超臨界水による2-クロロフェノール分解へのNaOH濃度の影響, 廃棄物学会研究発表講演集, 10, II, 1109-1111.

(47)M. Thanuttamavong, T. Urase, K. Yamamoto(1999): Difference in rejection behavior between trihalomethane precursors and inorganic salts by ultra low pressure nanofiltration, 土木学会環境フォーラム講演集, 36, 61-63.

(48)Jeong-ik Oh, Taro Urase, Kazuo Yamamoto(1999) : A study on arsenic rejection in groundwater with ultra low-pressure nanofiltration membrane process, 大韓環境工学会年会講演集,

(49) 呉 政益, 山本和夫, 北脇秀敏, 浦瀬太郎, 中尾真一,菅原孝(2000):自転車ポンプシステムを用いたナノろ過膜プロセスによるバングラデシュ井戸水中に含まれているヒ素の除去, 水環境学会年会講演集, 34, 552.

(50) 島崎 大, 浦瀬太郎, 山本和夫(2000): 河川水に含まれるDNA損傷性のコメットアッセイによる検出, 水環境学会年会講演集, 34, 214.

(51) 浦瀬太郎(2000): イオン性溶質に対するナノろ過膜の阻止特性のモデルによる解析, 土木学会年次講演会, 55, VII-038.

(52) 島崎 大, 赤間馨介, 山本和夫, 浦瀬太郎(2000): 多摩川中流域の河川水に含まれるDNA損傷性の調査, 土木学会年次講演会, 55, VII-150.

(53) M. Thanuttamavong, T. Urase and K. Yamamoto(2000): A Comparative study of six membranes in a nanofiltration pilot plant treating surface water for drinking water production, Proc. of International conference on membranes in drinking and industrial water production, Paris, France, 3-6 October 2000, Volume 1, 269-282.

(54) 浦瀬太郎, 宮下健一朗, 根橋和也(2000): 廃棄物処分場浸出水の逆浸透法による処理における溶質阻止特性の解析, 廃棄物学会研究発表会講演概要集, 11, 1038-1039.

(55) 浦瀬太郎(2000): 海水の浸透圧を用いた浸透プロセスによる下水の高度処理システムの試計算, 土木学会環境フォーラム講演集, 37, 83-85.

(56) 浦瀬太郎, 根橋和也, 宮下健一朗(2000):多摩川河川水のハロ酢酸濃度および色度に及ぼす下水処理水の影響, 水環境学会年会講演集, 35, 7.

(57) T. Urase (2001): High pressure reverse osmosis and low pressure nanofiltration in environmental management in Japan, An invited paper at 4th WISA-MTD symposium, Stellen bosch, South Africa, 6-9.

(58) 宮下健一朗, 根橋和也, 浦瀬太郎(2001): 廃棄物処分場浸出水中の水質特徴の主成分分析による解析, 土木学会年次講演会, 56, VII-010.

(59) 根橋和也, 宮下健一朗, 浦瀬太郎(2001): 河川水に含まれるハロ酢酸類の下水処理水のマーカーとしての可能性, 土木学会年次講演会, 56, VII-062.

(60) T. Urase, K. Miyashita, K. O. Agenson (2001): Selectivity of pollutants in reverse osmosis of landfill leachates, Proc. of Membrane Technology for wastewater reclamation and reuse, 267-277, Tel-Aviv, Israel.

(61) 宮下健一朗, 浦瀬太郎(2001): 膜細孔径分布を加味し・スナノろ過膜の阻止性能の予測, 土木学会環境フォーラム講演集, 38, 76-78.

(62) K. O. Agenson, T. Urase (2001): Rejection of pollutants frequently found in landfill leachates by nanofiltration in low pressure range, 土木学会環境フォーラム講演集, 38, 145-147.

(63) 名本伸介, 浦瀬太郎 (2002): 下水処理過程でのハロ酢酸の挙動, 水環境学会年会講演集, 36, 391.

(64) 浦瀬太郎, 菊田友弥 (2002): 活性汚泥処理におけるエストラジオール類の水/汚泥間分配および分解のモデル化, 環境化学討論会講演要旨集, 11, 646-647.

(65) 菊田友弥, 浦瀬太郎(2002): 下水処理に精密な固液分離を適用することの内分泌かく乱物質の除去に対する効果, 土木学会年次講演会, 57, VII-149.

(66) 鈴木洋介,浦瀬太郎,灘岡和夫, F.P. Siringan (2002): マニラ湾底泥に含まれる重金属分布を決定する因子, 土木学会年次講演会, 57, VII-245.

(67) 浦瀬太郎, 宮下健一朗(2002): 廃棄物処分場浸出水およびその処理過程で検出されるビスフェノールAの調査, 廃棄物学会研究発表会講演概要集, 13, 1023-1024.

(68) J. I. Oh, T. Urase, K. Yamamoto (2002): Effect of Molar Volume on Rejection of Different Arsenic Species in Groundwater by Low-Pressure Nanofiltration, Proc. of International conference on Membranes in drinking and industrial water production, Mulheim, Germany. Abstract here

(69) K. O. Agenson, J. I. Oh, T. Kikuta, T. Urase (2003): Rejection mechanisms of plastic additives and natural hormones in drinking water treated by nanofiltration, Proc. of International conference on Membranes in drinking and industrial water production, Mulheim, Germany.(Best Abstract Award, Abstract here)

(70) 鈴木洋介, 浦瀬太郎,灘岡和夫, F.P. Siringan (2003): フィリピンラグナ湖連成系の底泥の粒径分布と重金属濃度, 水環境学会年会講演集, 37, 106.

(71) 宮下健一朗, 浦瀬太郎 (2003): 不飽和土壌中におけるビスフェノールAの移動のモデル化, 水環境学会年会講演集, 37, 526.

(72) 呉政益, K. Agenson, 浦瀬太郎 (2003): ナノろ過での揮発性有機物質の阻止に及ぼす分子構造の影響, 水環境学会年会講演集, 37, 492.

(73) Y. Suzuki, T. Urase, K. Nadaoka, H. Tamura, F. Siringan (2003): The distribution of metal concentration in sediments in Manila Bay, in Pasig River and in Laguna Lake, Philippines and lead as an indicator of the pollution by urban run-off, Proc. of the fourth regional symposium on infrastructure development in civil engineering (RSID 4), Bankok, Thailand, 151. (Full document in CD-ROM)

(74) K. O. Agenson, J. I. Oh, T. Kikuta, T. Urase (2003): Recent development and performance of nanofiltration membranes in water and wastewater treatment, Proc. of the fourth regional symposium on infrastructure development in civil engineering (RSID 4), Bankok, Thailand, 155. (Full document in CD-ROM)

(75) T. Urase, K. Nadaoka, O. Kusakabe, F. Siringan, K. Miyashita, Y. Suzuki (2003): Comparative study on contaminants in leachates from solid waste disposal sites and in road deposits in Japan and in the Philippines, Symposium on environmental issues related to infrastructure development, Makati, Philippines, 95-102.

(76) 浦瀬太郎, 菊田友弥, 田中俊至 (2003): 有害物質の固液間の分配と膜分離による除去性能, 日本水環境学会シンポジウム講演集, 6, 13-14.

(77) 田中俊至, 浦瀬太郎 (2003): 膜分離を利用した焼却炉解体工事廃水処理のためのPAH類の固液分配特性, 土木学会年次学術講演会, 58, VII-088.

(78) 浦瀬太郎, 名本伸介 (2003): ハロ酢酸類の下水処理水放流域での分解速度, 土木学会年次学術講演会, 58, VII-218.

(79) T. Kikuta, T. Urase (2003): Removal of endocrine disruptors in membrane separation activated sludge, Proc. of 5th international membrane science and engineering conference (IMSTEC-'03), Paper No. 27 (Abstract here), Sydney, Australia. (Outstanding contribution award)

(80) K. O. Agenson, J. I. Oh, T. Urase (2003): Influence of molecular structure on the rejection of volatile and semi-volatile organic compounds by nanofiltration, Proc. of 5th international membrane science and engineering conference (IMSTEC-'03), Paper No. 25 (Abstract here), Sydney, Australia.

(81) 鈴木洋介, 浦瀬太郎,名本伸介, 灘岡和夫, 田村 仁 (2003): フィリピンの水環境に対する人間活動の影響指標としてのハロ酢酸類および粒子態鉛, 土木学会環境工学研究フォーラム講演集, 40, 100-102.

(82) T. Urase and T. Kikuta (2003): Reaction kinetics of degradation of natural hormones in activated sludge process, Proc. of IWA conference on Environmental Biotechnology, Paper No. A-01 (Abstract here), Kuala Lumpur, Malaysia.

(83) 香川千絵, 浦瀬太郎, 菊田友弥(2004): 活性汚泥中での医薬品の除去に影響を及ぼす因子, 水環境学会年会講演集, 38, 361.

(84) 浦瀬太郎, 呉政益(2004): 阻止率解析による市販低ファウリングろ過膜の荷電状態の推定, 水環境学会年会講演集, 38, 63.

(85) 岩佐知洋, 浦瀬太郎(2004): 雨水ます中の堆積泥に含まれる重金属濃度の調査, 土木学会年次学術講演会, 59, VII-008.(優秀講演者受賞)

(86) 香川千絵, 浦瀬太郎, 菊田友弥(2004): 固液間の化学物質の分配に着目した医薬品の活性汚泥での吸着分解挙動, 土木学会年次学術講演会, 59, VII-020.

(87) T. Urase, C. Kagawa, T. Kikuta(2004): Factors affecting removal of pharmaceutical substances and estrogens in membrane separation bioreactor, Proc. of International conference on Membranes in drinking and industrial water production, L'Aquila, Italy. (Abstract here)

(88) 佐藤孝太,浦瀬太郎 (2004): ナノろ過膜による医薬品の阻止性能のpH依存性, 土木学会環境工学研究フォーラム講演集, 41, 110-112.(優秀ポスター賞受賞)

(89) T. P. Garcia, T. Urase, Y. Suzuki (2004): Comparison of heavy metal pattern between water and sediments in Pasig river system, Philippines, Proc. of 3rd International conference on Engineering Education, (Full document in CD-ROM), Manila, Philippines.

(90) T. Urase, K. Sato (2005): Effect of pH on retention of pharmaceutical substances in nanofiltration, Proc. of International workshop on water management systems for creating healthy water environment JSCE, 61-65.

(91) 浦瀬太郎,田中俊至(2005): 性状の異なる活性汚泥による医薬品等の分解・吸着速度, 水環境学会年会講演集, 39, 54.

(92) 浦瀬太郎,佐藤孝太(2005): ナノろ過膜の塩素劣化に伴う微量物質の阻止特性の変化, 土木学会年次学術講演会, 60, VII-019.

(93) 岩佐知洋, Ta Thi Thao, 浦瀬太郎(2005): Heavy metal contents in roadside deposit and their comparison with soil matter collected at street water inlets, 土木学会年次学術講演会, 60, VII-145.

(94) 浦瀬太郎, S. Panyosaranya (2005): 廃棄物処分場からの有害物質排出原因としての処分層の高温,廃棄物学会研究発表会論文集,16, 1058-1059.

(95) S. Panyosaranya, T. Urase (2005): Emission of volatile organic compounds at landfill temperature, 土木学会環境工学研究フォーラム講演集, 42, 102-104.

(96) T. Urase, K. Sato (2005): The effect of deterioration of nanofiltration membrane on retention of pharmaceuticals, Proc. of Wastewater reclamation and reuse for sustainability, (Full document in CD-ROM)

(97) K. O. Agenson, T. Urase (2005): Performance of Nanofiltration / Reverse Osmosis Membranes for Removal of Plastic Additives and Endocrine Disrupting Chemicals in Water Treatment and Recycling, Integrated Concepts in Water Recycling -S.J. Khan, A.I. Schaefer, M.H. Muston (Eds) Pages 7-18

(98) 浦瀬太郎,香川千絵,島崎大(2006): 医薬品の活性炭への吸着特性,水環境学会年会講演・W, 40, 30.

(99) H. K. Oh, C. Kagawa, T. Urase, I. Kasuga, D. Shimazaki, S. Kunikane (2006): Removal of ionic and non-ionic pharmaceuticals using GAC, 2006 conference of Korean Society of Environmental Engineers, (Full document in CD-ROM), Gyeonggi, Korea

(100) H.K. Oh, C. Kagawa, T. Urase, I. Kasuga, D. Simazaki and S. Kunikane (2006): Removal of pharmaceuticals through continuous operation of column filled with fresh and aged granular activated carbon, the 7th international symposium on water supply technology, Yokohama, Japan, Nov. 22-24, 2006.(Abstract here)

(101) 奥村浩幸, Samerjai Panyosaranya, 浦瀬太郎, 竹村次朗, 日下部治, 小松登志子, 今泉繁良, Chart Chiemchaisri, Cheema Chomsurin (2006): タイ国サイノイ廃棄物処分場における粘土層遮水状況の検討, 土木学会年次学術講演会, 61, VII-154.

(102) 金巻賢二郎, 浦瀬 太郎, Oh Hee-kyon (2006): 粉末活性炭添加膜分離活性汚泥法による医薬品カルバマゼピンの除去, 土木学会年次学術講演会, 61, VII-024.

(103) 浦瀬太郎, 藤原章正, 利穂吉彦, 野呂好幸 (2006): 大学における倫理教育の実態に関する第2回アンケート調査, 土木学会年次学術講演会, 61, CS01-024

(104) 浦瀬太郎,岩佐知洋 (2006): 合流式下水道で雨天時に発生する粒子状金属負荷量の推定方法, 環境工学研究フォーラム講演集, 43, 119-121.

(105) Taro Urase, Hiroyuki Okumura, Akihiro Inamura, Samerjai Panyosaranya, Chart Chiemchaisri (2006): Volatile organic compounds in landfill gas and its effect on air quality, 5th RSID- Symposium on environmental issues related to infrastructure development (SIDE), Quezon, Philippines, (Full document in CD-ROM).

(106) C. Chiemchaisri, W. Chiemchaisri, M. Boocha, C. Chomsurin, T.Urase and J. Takemura (2006): Evaluation of Volatile Organic Compounds Emission from Solid Waste Disposal Site in Thailand, 5th RSID- Symposium on environmental issues related to infrastructure development (SIDE), Quezon, Philippines, (Full document in CD-ROM).

(107) 内藤了二,浦瀬太郎,中村由行 (2007): 港湾域における底質ダイオキシン類含有量からの溶出量の推定, 水環境学会年会講演集, 41, 275.

(108) 浦瀬太郎,中陳郁美,来住野浩亮 (2007): 医薬品の廃棄物処分場からの排出量の調査とその下水道排出量との比較, 水環境学会年会講演集, 41, 369.

(109) Heekyong Oh,浦瀬太郎,島崎 大,国包章一 (2007): Effect of PAC dose and natural organic matter on pharmaceuticals removal, 水環境学会年会講演集, 41, 453.

(110) H. K. Oh, M. J. Yu and T. Urase (2007): Prediction of organic removal in enhanced carbon-ultrafiltration membrane, Proc. of IWA international conference on membranes for water and wastewater treatment, Harrogate, UK. (Full Document in CD ROM, 11C).

(111) T. Srisukphun, C. Chiemchaisri, T. Urase and K. Yamamoto (2007): Fouling Mechanism of Reverse Osmosis Membrane in Textile Wastewater Reuse Plant, Proc. of IWA international conference on membranes for water and wastewater treatment, Harrogate, UK. (Full Document in CD ROM, 18a).

(112) Taro Urase, Kenjiro Kanemaki, Liqiu Zhang, Heekyong Oh (2007): Effect of addition of powdered activated carbon on removal of a persistent pharmaceutical compound in a membrane bioreactor, Proc. of IWA international conference on membranes for water and wastewater treatment, Harrogate, UK. (Full Document in CD ROM, PS3.1).

(113) 金子尚弘, 浦瀬太郎, 内藤了二, 中村由行, 八尋明彦 (2007): 底泥中の化学物質濃度と底生生物叢の関係, 土木学会年次学術講演会, 62, VII-141.

(114) 中陳郁美, 浦瀬太郎(2007): 医薬品の環境中における挙動の実験およびモデルによる検討, 土木学会年次学術講演会, 62, VII-143.

(115) 奥村浩幸, 浦瀬太郎, 金子尚弘, 内藤了二, 中村由行 (2007): 港湾浚渫土への多環芳香族炭化水素類の吸着実験と覆砂効果の予測, 土木学会年次学術講演会, 62, VII-149.

(116) 内藤了二, 中村由行, 高橋正一, 浦瀬太郎 (2007): 浚渫窪地を対象とした有害化学物質の分布実態, 土木学会年次学術講演会, 62, VII-150.

(117) 金巻賢二郎, 浦瀬太郎, Bo Longli, Zhang Liqiu (2007): 医薬品の粉末活性炭への吸着量の活性汚泥懸濁液や溶存有機物による消費, 土木学会年次・w術講演会, 62, VII-197.

(118) 奥村浩幸, 浦瀬太郎,内藤了二,中村由行 (2008): 港湾堆積物中での多環芳香族炭化水素類の吸着・脱着・分解, 水環境学会年会講演集, 42, 28.

(119) 金巻賢二郎,浦瀬太郎,野口智史 (2008): 下水処理水中および多摩川河川水中のアルデヒド類の濃度および臭気強度, 水環境学会年会講演集, 42, 116.

(120) Long-Li Bo, Taro Urase, Xiao-chang Wang (2008): Biodegradation of trace pharmaceutical substances in wastewater by a membrane bioreactor. Proceedings of the international conference on advances in chemical technologies for water and wastewater treatment (CCS-XIAN2008), Xi’an, May 2008, p541-546. (ISBN: 978-7-5369-4498-5)

(121) 佐々木修平,浦瀬太郎,内藤了二 (2008): 東京臨海部の底泥に含まれる重金属濃度分布の点数化,土木学会年次学術講演会, 63, VII-82.

(122) Ngoc Han Tran, Ikumi Nakajin, Taro Urase (2008): Factors affecting biodegradability of pharmaceuticals in wastewater by nitrifying activated sludge, 環境工学研究フォーラム講演集, 45, 47-49.

(123) 内藤了二,中村由行,浦瀬太郎(2008): 三河湾及び名古屋港におけるPAH類組成の特徴,環境化学討論会講演要旨集, 17, 136.

(124) 内藤了二,井上徹教,中村由行,浦瀬太郎,久野賢二 (2008): 三河湾窪地の埋め戻し土砂投入時における濁りの拡散特性と密度成層の効果,海岸工学論文集, 55, 1251-1255.

(125) R. Naito, T. Urase, Y. Nakamura (2009): Estimation of leachability from the content of dioxins in sediment, Proc. of 5th international conference on remediation of contaminated sediments, Jacksonville, Florida.

(126) 浦瀬太郎,島崎大,Heekyong Oh (2009): 医薬品類の活性炭吸着におけるフミン物質競合の影響,水環境学会年会講演集, 43, 287.

(127) 内藤了二,浦瀬太郎,中村由行,田中陽二,日置幸司,中出浩靖(2009): 名古屋港における底生生物種と底質の基本指標の平面分布,水環境学会年会講演集, 43, 518.

(128) Ngoc Han Tran, Taro Urase, Osamu Kusakabe (2009): Role of nitrification in the degradation of selected pharmaceutically active compounds by enriched nitrifier culture. Proceedings of 2nd International Conference on Occurrence, Fate, Effects, and Analysis of Emerging Contaminants in the Environment, 4-7 August 2009, Colorado State University, Fort Collins, CO, USA.

(129) 内藤了二,中村由行,浦瀬太郎,田中宏明(2009): 水底土砂のダイオキシン類溶出試験に及ぼすガラス繊維ろ紙の違いの影響,環境工学研究フォーラム講演集, 46, 132-134.

(130)中村由行,内藤了二,衣笠泰広,藤村貢,井上徹教,浦瀬太郎(2009): ダイオキシン類溶出抑制のための新しい覆砂工法の提案,環境工学研究フォーラム講演集, 46, 28-30.

(131) Ngoc Han Tran, Taro Urase, Osamu Kusakabe (2009): Removal of pharmaceutically active compounds by crude laccase from Trametes versicolor- a white rot fungus, 環境工学研究フォーラム講演集, 46, pp. 89-91.

(132) R. Naito, Y. Nakamura, T. Urase, H. Okumura, H. Tanaka (2010): Environmental fate of polycyclic aromatic hydrocarbons in sediments of Nagoya port, 20th annual international conference on Soils, Sediments, Water, and Energy, March 15-18 2010, San Diego. 【California, Best Student Poster Presentation】

(133) 井澤大,浦瀬太郎 (2010): 活性汚泥の硝化反応に対する抗生物質の影響, 環境工学研究フォーラム講演集, 47, 127-129.

(134) 金子琴絵,小俣択己,上島景子,浦瀬太郎(2011): 膜分離活性汚泥法の低pHでの運転における微量物質除去,水環境学会年会講演集, 45, 236.

(135) 寺田翔,三宅秀美,浦瀬太郎(2011): 下水処理水および環境水中での抗生物質耐性大腸菌の特徴,水環境学会年会講演集, 45, 534.

(136) 内藤了二,中村由行,浦瀬太郎,中田典秀,田中宏明,白崎正浩,内田吉文 (2011): 名古屋港における堆積物基本指標と化学物質濃度分布の関係,水環境学会年会講演集, 45, 5.

(137) T. Urase, Y. Sasaki, H. Ichihara (2011): Factors affecting threshold odor numbers of biologically treated wastewater and possible countermeasures for the reduction, 4th IWA-ASPIRE conference and exhibition, Full paper in USB.

(138) 佐々木 洋,浦瀬太郎,工藤大輔 (2011): 多摩地域における環境水の臭気強度, 環境工学研究フォーラム講演集, 48, 40-42.

(139) 金子琴絵,小俣拓己,浦瀬太郎 (2011): 膜分離活性汚泥法における低pH運転の効果, 環境工学研究フォーラム講演集, 48, 91-93.

(140) H. P. H. Arp, R. Naito, E. Eek, Y. Nakamura, T. Urase, A. Sawada (2011): Origin and distribution of PAHs in port and harbor sediments: A comparative study of two harbors in Norway and Nagoya port in Japan, 環境工学研究フォーラム講演集, 48, 178-180.

(141) 寺田 翔,三宅英美,浦瀬太郎 (2011): 環境中の大腸菌の抗生物質耐性率と耐性パターン, 環境工学研究フォーラム講演集, 48, 232-234.

(142) 三宅英美,寺田 翔,堀越才智,浦瀬太郎 (2012): 多摩川流域の抗生物質耐性菌の特徴, 水環境学会年会講演集, 46, 33.

(143) 小林未来,波多野順一,浦瀬太郎 (2012): 抗生物質による藍藻Microcystis aeruginosa生長阻害の蛍光強度測定と細胞数計測による評価, 水環境学会年会講演集, 46, 301.

(144) 佐々木 洋,工藤大輔,浦瀬太郎(2012): 下水処理水の臭気の強さおよび特徴の嗅覚試験による把握,下水道研究発表会講演集,49, 556-558.

(145) 佐々木 洋,市原 宙,浦瀬 太郎(2012): 下水処理水に含まれるトリクロロアニソールおよびその他のカビ臭物質,環境工学研究フォーラム講演集, 49, 69-71.

(146) 三宅英美,堀越才智,寺田 翔,浦瀬太郎(2012): 大腸菌の人用抗生物質への耐性パターンの多摩川流域での変化,環境工学研究フォーラム講演集, 49, 139-141.

(147) 小俣拓己,金子琴絵,浦瀬太郎(2012): 超低pH膜分離活性汚泥法によるフェノール類の除去,環境工学研究フォーラム講演集, 49, 34-36.

(148) 太田昇吾,波多野順一,浦瀬太郎,倉持嘉徳,村山仁(2013): 多通路型担体を用いた排水浄化システムによる糖蜜の処理,水環境学会年会講演集, 47, 403.

(149) 波多野順一,佐々木洋,菅野時男,浦瀬太郎(2013): 下水処理水中の塩素系カビ臭物質とその生成条件,水環境学会年会講演集, 47, 522.

(150) Ahmad Shahata, Takumi Omata, Taro Urase (2015): Removal of color from molasses wastewater using membrane bioreactor with extremely acidic condition, Water and environment conference 2013, pp8.(東京2013年7月15日)

(151) 波多野順一,浦瀬太郎(2013): キノロン系抗菌薬による藍藻の生長阻害,環境工学研究フォーラム講演集, 50, 166-168.

(152) 太田昇吾,浦瀬太郎(2013): 抗生物質による環境中硝化細菌に対する阻害,環境工学研究フォーラム講演集, 50, 169-171.

(153)浦瀬太郎,三宅英美(2013): 多摩川河川水中の大腸菌のフルオロキノロン系およびセファロスポリン系抗生物質への耐性,環境工学研究フォーラム講演集, 50, 179-181.

(154) 浦瀬太郎,小野歳造,仲真美(2014): 活性汚泥処理における塩素系カビ臭の生成,環境工学研究フォーラム講演集, 51, 89-91.

(155) 山本 崇奈生,太田昇吾,浦瀬太郎 (2015): 単離硝化細菌および活性汚泥群集の硝化活性に対する抗生物質の影響,水環境学会年会講演集,49, 63.

(156) 佐藤昂哉,宇津木 大地,浦瀬太郎 (2015): 河川水中のカルバペネム耐性菌の検出方法及び分離株の特徴,水環境学会年会講演集,49, 428.

(157) 陳 浩楊(Chen Haoyang),浦瀬太郎 (2015): Removal of nutrients and color in MBR treating saline wastewater(MBRによる塩分含有排水の栄養塩および色の除去),水環境学会年会講演集,49, 329.

(158) Ahmad Shahata, Taro Urase (2015): Treatment of saline wastewater by thermophilic membrane bioreactor, Water and environment conference 2015, pp10.(東京2015年8月5日)

(159) 佐藤昂哉,中山達仁,佐々木 康,筒井裕文,浦瀬太郎 (2015): 河川水から単離した基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生大腸菌の特徴,環境工学研究フォーラム講演集, 52, 39-41.(郡山2015年11月28日)

(160)浦瀬太郎,筒井裕文,陳 浩楊,稲生武士 (2015): 二段式膜分離活性汚泥法による難分解性物質の除去特性,環境工学研究フォーラム講演集, 52, 57-59.(郡山2015年11月28日)

(161) 芝田正生,浦瀬太郎,筒井裕文 (2015): 硝化細菌の遺伝子解析による簡易環境診断技術の開発, 第7回大学コンソーシアム八王子学生発表会要旨集, 168-169(八王子2015年12月5日)

(162) 浦瀬太郎,青柳亮平,遠藤圭修 (2016): 下水処理水中に残存するカビ臭物質の除去,水環境学会年会講演集,50, 302.(徳島2016年3月18日)

(163) 中山達仁,佐藤昂哉,筒井裕文,浦瀬太郎 (2016): 薬剤耐性判定基準の変化がセフォタキシム耐性大腸菌釣菌株の特徴に与えた影響,第53回環境工学研究フォーラム, B-23.(北九州2016年12月7日)

(164) 中村和也,筒井裕文,浦瀬太郎 (2016): におい嗅ぎGC/MSを用いた下水処理水のにおいの分析,第53回環境工学研究フォーラム, B-31.(北九州2016年12月7日)

(165) 稲生武士,浦瀬太郎,筒井裕文,久保田玲音 (2017): 異なる膜構造のMBR処理水に含まれる生菌と溶存DNA, 水環境学会年会, 51, pp53 (熊本2017年3月15日発表)

(166) 筒井裕文,山本崇奈生,松久奈々美,浦瀬太郎(2017):活性汚泥からのレボフロキサシン耐性アンモニア酸化細菌の集積と獲得, 水環境学会年会, 51, pp362 (熊本2017年3月17日発表)

(167) 練 子荷,藤井啓史,古谷 陸,望月康祐,浦瀬太郎,筒井裕文,松井 徹 (2017): バイオ脱硫菌による芳香族複素化合物の脱硫分解,第 69 回日本生物工学会大会,4P-N108 (ポスター発表,早稲田大学 西早稲田キャンパス,2017年9月14日発表)

(168) 筒井裕文,浦瀬太郎,岡田 峻,藤野和幸 (2017): 水環境中に存在するカルバペネム耐性腸内細菌科細菌の特徴,第54回環境工学研究フォーラム,B-26(岐阜,2017年11月18日発表)